30代から始める資産運用

money-growth 投資
money-growth

どうも、はむねこです!

ちょっと色々ありまして、久々の投稿になりました。

ざっくり言うと、生活環境が変化したことで、いつもブログを書いていた時間に別のことをするようになったからです。

人生は色々ありますが、このブログは少なくとも自分のために、細々と続けていければなぁ、と感じている次第です。
「継続は力なり」という言葉もあるように、継続することで大きな変化をもたらすことがありますから、時間を見つけては更新していきます。

30歳という人生の節目

さて、本題になります。

私事になりますが、ついに30代に突入してしまいました…
いや、特に20代に執着があったわけではないんですが、人生において節目の年齢になってしまったな、と。

昔、漠然と「30歳ぐらいになったら結婚かなぁ…」と考えていましたが、図らずも20代で達成しました。
あとは、「30歳までに役職持ち」とか「年収〇〇円」とか考えていましたが、大方達成してきたかな、と。

割と人生において、30歳の節目に向けてうまくやってこれた気がしています。

老後資金2,000万円問題

では、資産運用においてはどうかというと、、
まだ日が浅いので具体的な目標を立てることができていません。

最近では、「老後資金に2,000万円必要だ」とか、
それに被せて、「年金詐欺だ」とか「2,000万円では足りない」とか様々な意見が飛び交っています。

報告書の内容や真偽は他の記事に任せるとして、、
僕自身に置き換えてみて、現状で2,000万円貯められるか計算してみました。

まずは現状を整理すると、ざっくりと以下のようになります。

積立資産名 毎月積立額
つみたてNISA 30,000円
投資信託 3,000円
確定拠出年金(企業型) 1,140円
企業年金 3,300円

つみたてNISA、投資信託、確定拠出年金に関しては金利なしで考えて、積立期間を定年までの35年として計算しました。
上記の表の金額に対して、1年の月数である「12」と積立期間の年数である「35」をかける計算ですね。

積立資産名 合計積立額
つみたてNISA 12,600,000円
投資信託 1,260,000円
確定拠出年金(企業型) 478,800円
企業年金 1,386,000円

合計すると、「15,724,800円」になりました!
…残念ながら2,000万円には約430万円も足りませんでした。

ただ、金利なしで考えている、かつ、確定拠出年金の積立額は役職によって変わりますので、あくまで最低ラインでの計算になります。
もちろん、逆に、投資信託の運用成績が悪ければマイナスになる可能性もあります。

計算結果を見て

さて、僕の現状を例に計算してみましたが、この機会にみなさんも計算してみてはいかがでしょうか。
「2,000万円」が正しいかどうかは別として、将来的にどれだけ資産ができるかどうかを知っておくに越したことはありませんよ。

僕の場合、自分で「毎月33,000円の投資信託」を購入し、勤めている会社から僕に対して「毎月約4,400円」を積み立ててもらっています。
それにもかかわらず、「2,000万円」という金額には届かないという計算結果になりました。

正直、資産0から「2,000万円」の資産を作るのは相当大変だということです。

この先どうしたらいいか

だからと言って「もうオシマイだぁ…」とならずに、今からでもコツコツと資産を築きましょう

毎月約33,000円の積立ができる「つみたてNISA」はもちろん、個人型の確定拠出年金「iDeCo」もあります。
当然、それ以外にも投資信託はいくつもあります。
これらを毎月積み立てる仕組みを作っておけば、運用成績はさておき、どんどん資産が増えていきます。

また、僕のように「株」を買って売買益を得たり、配当金を得る手法もあります。
「FX」は、、余裕ができてからがいいですかね(笑)

世の中には単純に貯蓄する以外に様々な投資が存在しています。
もちろん、リスクがつきものの世界ですし、怪しい投資手法や商品もたくさん存在しています。

そういったものに引っかかる可能性もありますが、厳しい言い方になりますが、それも一つの経験です。
「失敗は成功のもと」という言葉があるように、失敗から学べばよいのです。

一番のリスクは「何もしないこと」です。

今回の「2,000万円問題」のような報道に振り回されて、「どうしたらいいんだ…」と絶望感に浸っているだけなのはもったいないです。
これを機に、現状を整理してみましょう。
そして、もっと楽観的に考えて、「コレが良さそうだからやってみよう!」と一歩踏み出してみることで、視野が大きく広がります。

ぜひ未来のために資産運用を始めましょう!

あとがき

ちょっと挑発的な最後になってしまいました(笑)

ただ、僕は「関わった人には幸せになってほしい」という思いがあります。
「この記事を読んで勝手にやって」と言うつもりはないので、もし質問等ありましたら、いつでもどうぞ!
お互いに知識を深めていける関係を築ければ良いですね。

【PR】
以下の記事で書いたように、僕も様々なメディアから有益な情報を得ています。
ぜひ参考にしてみてください。

明日を読む!経済ニュース一覧
2019/02/27 更新 どうも、はむねこです! 僕が経済の明日を読むために利用している経済ニュース一覧を頻度別に並べました。 随時更新する予定なので、一覧も徐々にブラッシュアップしていきます。みなさんの情報収集の参考になれ...

ではまた!

コメント